ニーサ口座とFX

私のFX運用は、現金の保証金ではなく、ほとんどが代用保証です。
現金で入れているのは、SBIFXトレードだけ。

FXは他にも、カブドットコムとSBI証券に口座がありますが、こちらは現金を突っ込んでいません。
理由書きましょうか。

通常FXは、現金で保証金を入れなければいけませんが、一部のFX会社で、有価証券を代用で使う事ができます。
SBI証券は、国内株式(リート、ETF含み、ENT含まず)
カブドットコム証券は、国内株式、投資信託(一般形のみ)を担保として使うことができます。

つまり、長期保有の有価証券を寝かしているだけではもったいないので、有効活用する。ということです。
では、なぜ、代用有価証券が使えないSBIFXトレードを使うのか?というと・・・

他のFX会社は、1万通貨若しくは、10分の1通貨以上でないと購入できませんが、SBIFXトレードは、1通貨から購入できるのです。
つまり、スワップ金利が入ってきたら、入ってきた分だけで新規のポジションを立てることができる。という事になります。

感の良い方は、直ぐに気が付くと思いますが、複利の効果がバッチリ効く。ということです。
私は、週1回、スワップ金利で、新規のポジションを買っています。

つまり、月間に投資するお金の内、FXにそのまま突っ込むお金と、有価証券に突っ込むお金に分けているのです。
FXにそのまま突っ込むお金は、SBIFXトレードに、有価証券は、カブドットコムかSBI証券。という具合です。

ここで、問題なのが、ニーサ口座。
どちらの証券会社も、ニーサ口座で購入した有価証券は、FXの代用証拠金に使えませせん。

従って、代用有価証券にしたいのなら、ニーサ口座で有価証券を買わない。ということになります。
ちなみに、南アフリカランドドル(ZAR)の場合、スワップ金利は、カブドットコム証よりも、SBI証券のほうが高いです。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

前の記事

FX円安時に購入する通貨

次の記事

ZAR驚きの値動き