あなたは大丈夫?お金が管理できない人5大事例

やさぐれ記事のようですが、お金が管理できない人だと思う人を挙げていきたいと思います。

改札でストップ

昔々は、駅の改札で切符に鋏を入れていた。というと知らない人が多い世の中になりました。
あの頃は、キセルがやりたい放題でしたし、定期券の数字を張り替えて。。。

おっと、話しが横道に逸れましたね。

今の駅の改札は「自動改札」

その自動改札では、スイカやパスモなどの電子マネーで通貨する訳ですが、改札を通る時に赤ランプ!

エラーで「通行できません。」
というあの嫌な表示。

自動改札で赤ランプを光らす人は、お金の管理ができない人です。

そもそも、カードにいくら入っているか理解していないという時点でアウトです。
このカードは、クレジット型の決済機能ではなくデポジット系のカードですから、残高を把握しないで使うとう行動は「お金の管理ができない」という何よりの証拠です。

と言っても、スイカごときの残高をいちいち把握するのは脳のリソースの無駄遣いというもの。

交通系カードの残額が一定金額以下になった場合、自動的にチャージができるクレジットカードがあります。
こんなに便利なものがあるのにも関わらず、使わないというのは金融リテラシーが低いとしか言いようがありません。

コンビニで現金

コンビニで買い物をするというだけで、既にお金に無頓着だと言えると思いますが、そのコンビニで現金で決済する人。

もはや救いようがありません。
現金で買い物をするメリットは、一つもありませんが、デメリットはたくさんあります。

時間の無駄

現金で払うということは、自分の時間、レジ係の人の時間、そして後ろに並んでいる人の時間を奪っています。

現金で払う人によって、無駄な時間を作り出せばレジ係の仕事の効率が悪化します。
結果、時間内にできる仕事が減ります。

後ろに並んでいる人は、昼休みにコンビニに来たかもしれません。
一般的な会社では、昼休みは1時間です。
現金で払う人のせいで2分時間が無駄になれば、後ろの人の昼休みは58分になってしまいます。

金の無駄

前述した通り、レジ係の人の時間を奪えば、時間内にできる仕事が減ります。
時間内にできる仕事が減れば、無駄な人件費が増えて無駄な金がかかります。

売上げの現金は、店内で金額を確認した後、銀行の夜間金庫に運んで管理します。
現金が増えれば増える程、現金確認に必要な人件費が増加し、運搬費(例えば車のガソリン代)も増え、無駄な金がかかります。

銀行は増えた現金を勘定するために機械を動かします。
現金が増えれば増える程、電力が増加し無駄な金がかかります。

体力の無駄

現金で払うためには、現金を持ち運ぶという必要があります。
その分、荷物が重たくなることを意味します。

現金だけでそんな大層な。と思いますか?
スマホなどの開発では、0.1gを削るのに必死でやっています。

「1億円は1円玉の集合体である」という有名な言葉があるように、たった1gでもバカにできません。

ワンボックスカー

ワンボックスカーに乗っている人もかなりの高確率でお金の管理ができない人です。

仕事でワンボックスカーが必要になることは基本ありません。
となると、家族用ですが、家族全員が車に乗って出かけるって一年に何回あるのでしょうか?

郊外のスーパーに行くと、主婦がワンボックスカーで買い物に来ているのをよく見かけますが、お金の管理ができない人の集団にしか見えません。

大抵「何かあった時に、大きな車は便利だから」という理由でワンボックスカーに乗っているようですが、週に何回も何かあることはありません。

こういう事を書くと、「うちは車がないと不便な所だから。。。」という人が必ずいます。

100歩譲ってもしそうだったとしても、必要最低限のスペック以上の車を購入する理由はありません。

大抵の場合は、必要最低限ではなくオーバースペックの車を購入しています。
その理由は「見栄」以外のなにものでもありません。

そうそう、車を分割払いで購入する人は当然、お金の管理ができない人です。
車は借金して買うものではありません。

クレジットカードを使わない

クレカを使わないのは非常にもったいないです。
クレカを使わない人の代表的な意見は、「いくら使ったか把握できない」というものですが、正にこれこそお金を管理できていないということです。

カードを使ったらそのレシートはノートにでも貼り付けておけば、管理などたやすくできます。

今は、家計簿アプリもありますしね。

クレカの魅力は何と言っても「ポイント」です。

ポイントは第二の収入ですのでバカにできません。

1円を笑う人は1円に泣く。という格言がありますが、クレカのポイントも同じです。

クレジットカードを選ばない

クレジットカードならどこでもいいというのは、おバカな発想です。
筆者が使っているクレジットカードの還元率は2%あります。

100万使えば2万円ものポイントが付きます。
マイルを貯める目的にクレカは、更にスゴイことになっています。

一般的なクレカの還元率は0.25~0.5%です。
特定のお店で購入するとポイント3倍というものもありますが、基本的な還元率でクレカを選ぶと良いです。

また、年会費が無料であることも重要なポイントですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。