営業マンにいい人はいるのか?

消費者は、気に入った営業マンを「いい人」と表現することがあります。
営業マンは果たして「いい人」なのでしょうか?

セールスマンの基本思考

営業マンの基本思考は、「売りたい人」です。

売りたい人は、なるべく高く売って利益を出したい。
買いたい人は、なるべく安く買って得したい。

他にもいろいろありますが、一番分かりやすい要素である価格だけでも、利害が一致しません。

あなたが「いい人」だと思っているのは、幻かもしれません。
何故でしょう?
その営業マンの給料は、あなたが購入した商品の利益からしか出せませんよね。

給料ゼロでもいいから、あなたに安く売ってくれる営業なら、確かに良い営業マンかもしれませんが、そんな人はいません。

利害が一致しない相手を、いい人という感情で見るのは危険なことです。

望まぬ営業イコール

こちらが望んでいないのに営業をする人がいます。
電話セールスや、訪問営業です。

ローラーと呼ばれる営業手法で、基本的にできない営業マンや、売れる商品を持たぬ会社が行う最悪な営業手法です。
下手な鉄砲数打ちゃ当たる的な発想で、片っ端からアクセスします。

リフォームや電話回線、投資などが有名です。

これらの会社は、使い捨ての駒のような営業マンが、毎日毎日カモを探しています。

昔、一世を風靡した●通信なんて、業務報告の電話が「押忍!お疲れ様です~」から始まっていましたからね。

「ただいま、●●件まわり、名刺は●●枚、商談はゼロです。帰社するまでにあと●●件まわり、2件の受注を目指ます!」なんていう会話を何回も耳にしました。

売れぬ営業は人の扱いをしれくれません。
売れるまで帰社できないので、夜遅くに無理やり訪問している営業もいました。

私の同級生が勤めていた会社の話です。

営業マン撃退法

私は営業電話を受けることがよくあります。
会社にかかってくるからなのですが、一発撃退法があります。

結構使える方法ですよw

一発撃退法。
それは、「営業電話なら1時間10万円でお話し聞きますよ」というのです。
私の時間当たりの売り上げから勘案すれば、時間10万円程度は当然の要求です。

相手も、自社の商品に絶対の自信があるなら、10万円払っても話をするはずです。
1時間10万円は言わば、踏み絵を踏ませる作業です。

ちなみに過去、誰もチャレンジしませんでしたが(笑)

売らねば帰れない営業は極端だとしても、営業の世界は少なからず同じ思考で動いています。
果たして、この世界でいい人がいるでしょうか?

そもそもいい人とは?

ここまで書いておいて、今更何なんですが、そもそもいい人とは何でしょうか?

あなたのいう事をよく聞く。
あなたの望みをかなえてくれる。

こんな人をいい人と表現するかもしれませんね。
「お客様は神様」というフレーズで。

要するに、お客様を神様扱いしてくれる人が、いい人ということです。

しかし、この発想には根本的な誤りがあります。

お客様だから神様扱いしてくれるのであって、お客様でなければ神様扱いしません。
つまり、いい人ではない。ということです。

本当にいい人ならば、お客様にならないことが100%であっても、あなたに良くしてくれるはずです。

いい人はいないが●●な人はいる

営業マンが全部悪いような書き方をしてきましたが、全部がそうではありません。
いい人はいませんが、頼りになる人はいます。

仕事に対するスキルが十分で、全ての事をキッチリやる。
顧客の本当の目的を理解し、その実現に向けて活動し実現する。

そういう営業マンは、ごく一握りですが、存在します。

その変わり、しっかり利益を取ります。

こういった営業マンは「売りたい人」という立場で仕事をしていません。

売ってください。と言って、お客が押し寄せるのです。
もちろん、自ら営業電話をしたり訪問営業をすることはありません。

そんな暇はないからです。

この、ごく一握りの営業マンを探すのは、至難の業かもしれません。

しかし、探し方だけを間違えなければ見つけることができます。
その為には、会社の規模や、仕組みで判断するのではなく、パーソナル要素で判断することが必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。