FX円安時に購入する通貨

最近の円安を受けて、南アフリカランドドル(ZAR)も大幅に円安に。
この記事を書いている時点で8円を超えて、どこまで行くか読めませんし、円高に振れる恐れも感じます。

そんな時は、円高に振れている通貨を買うに限ります。
探してみて見ましたが、なかなかない。。。
と思っていたら、トルコリラ(TRY)が、円高傾向に。

トルコについて、少し調べてみるとまぁ出てきますね。
ネガティブな情報が。

クーデターやテロなど、少し探すだけで、ゲップが出るくらいw

さて、ネガティブ情報満載のトルコですが、一方で期待できる材料もあるのです。

かなり話は遡りますが、トルコは第一次世界大戦で、連合国に敗戦しました。
この敗戦の時に締結されたのが、ローザンヌ条約です。

この条約に明文化されていないのですが、地下資源の開発禁止というものがあります。
条約締結後100年間地下資源を開発しない。という密約があるようなのです。

何故、そうなっているのかは知りませんが、2023年に100年が終わるのです。
つまり、トルコも地下資源を利用することができる。という事になります。

近隣諸国の産油状況を見ても、トルコで石油が出る可能性は非常に高いです。

そしてももう一つ。
トルコの人口構成です。

20代の人口が非常に多いので、人口ボーナスが期待できます。
現在2016年。あと7年です。

これから時間をかけて積み立てるのは悪くない投資です。
という訳で、定期的に資金投入している分と、スワップ金利で得た分で、新規の買いポジションを取りました。

2023年になる前に、国が転覆しないことを祈るばかりですw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次の記事

ニーサ口座とFX