投資の世界。素人がプロに勝つ方法

スマホでdマガジンを読んでいます。
いちいち本屋に行って買わなくてもいいですので、重宝しています。

雑誌代もバカにできないないですからね。
ざてdマガジンには投資の雑誌もたくさんあります。

「日経マネー」「東洋経済」「「PRESIDENT」他多数。

大化けする株の特集や買い時売り時の特集など、企画が次々に出ています。
果たして雑誌の通りやれば儲かるのか?

あなたはどう思いますか?

私は、儲かるはずがないと思っています。

もし私がものすごく儲かっていて、独自で投資する銘柄を絞り込んでいたとしましょう。
投資雑誌から、オススメ銘柄の記事を書いてください。というオファーが来たらどうするのか?

おそらく、絞り込んだ銘柄ではなく、絞り込む過程で落とした銘柄を書くでしょう。
落とした理由は書かずに、可能性だけ書いて。

儲かる株特集が載っている記事を読みますが、「買わない株」を判断する為です。
記事に書いてある株は買いません。

雑誌は「この通りにやったら儲かりそう」という空想を売っていますからね。
そういう意味では、ゴルフ雑誌も同じです。

本題に入りましょう。
どんな個人投資家でも、プロの投資家に比べればアマチュアですよね。
情報量が全然違いますから。

たまにマスコミでスゴイ個人投資家が出ていますね。
確かにスゴイと私も思いますが、個人にしてはスゴイというに過ぎません。

仕事をしながら時々投資をしている程度の個人投資家は、投資する銘柄の分析や世界情勢の分析をしてる暇はありません。

そんな中で、プロの投資家に勝てる唯一の方法。

二つありますが一つ目は「時間」です。

プロは、短時間で利益を出すことを実現しなければいけませんから、超短期的な利益つまり目先の利益を出す必要があります。

一方アマチュアは、短期的に利益を出さなくても全く問題ありません。
20歳の人であれば、45年程度の時間をかけて利益を出せば良いのです。

働けるうちは労働収入で生活をし、働けなくなったら資産で生活ができればいい。
その思考にたどり着けば、素人がプロに勝つ二つ目も分かると思います。

プロは投資家から集めたお金を投資し利益を出すことを目指します。

儲けたお金を使わなくても生活ができるので、利益は全て複利のために再投資できる部分が素人がプロに勝てる二つ目のファクターです。

そんな事を書くと、投信の累投ならプロだって複利で回せるはずだという声が聞こえてきそうです。
しかし、素人とプロでは複利のプロセスが全く違います。

素人は報酬という概念がありません。
プロは報酬という概念を外せません。

素人は、税金を除いた利益をそのまま全額再投資することができます。
しかし、プロは出た利益から自らの報酬を引いた残りしか、再投資することができません。

従って、素人は「時間」と「複利」があればプロに勝てます。
この為には、一喜一憂しないことと、実生活をする経済力です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。