私立高校の学費がタダ。2017

複数の収入の話の内の一つ。印紙販売所の収入記録です。

下の娘が幼稚園を卒業して、ようやくこの手数料が投資に回せるなぁと思ってワクワクルンルンしていたのですが、上の息子があろうことか私立の高校に行くことに。。。
また三年間、印紙の稼ぎが吹き飛びます。

我が家の家訓
「試練は、のり越えられる者にしかやってこない」

息子のおかげで身に沁みました。
親思いの良い息子・・・と思いたいですが、まったく思えません。

既に、入学金の40万円と制服やらなんちゃらかんちゃらで+23万で63万の出費となっています。
六本木のキャバクラで、ドンペリ1ダース飲んだ事に比べれば屁でもありませんが、あいにくそんな経験はしたことがないので、重い負担です。

更に今月から、毎月4万円程の授業料が毎月必要になります。

子供には、お前の学費は3年間でこれだけかかるんだ。
このお金が浪費になるか、投資になるかはお前次第。
少なくともこのお金が家計から消えることは、忘れるな。と言いました。

我が家の家訓「お金は天から降ってこない」です。

天からは降ってきませんが、高校の学費は全額、印紙販売手数料で稼ごうと思います。

普通の家庭は給料から私立高校の学費を出している訳ですから、事実上タダで通わせることができるだけでも喜ぶべきことかもしれませんが。

とにかく、年間50万目標で頑張ってみます。

という事で、今年の手数料を綴っていきたいと思います。

平成29年の印紙等販売手数料
1月39,015円
2月29,998円
3月39,433円

備忘録的記事で、確定申告の準備用も兼ねてで今年の印紙代収入を綴っていきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次の記事

2017年3月タダ株