楽天カードnanacoチャージ、ポイント付加終了という最悪の改悪

ナナコにチャージするとクレジットカードにポイントが付くことをご存知の方も多いかと思います。

現時点では、リクルートカードが1.2%と最高です。
続いて、楽天カード1%、YahooJapan1%カードとなります。

リクルートカードはポンタポイントに変えることができますが、出口としてはやや使いづらいですね。
YahooJapanカードはTポイントになりますがこちらもやや使いづらい。

楽天カードは買い物としてはヤフーと同じですが、先日楽天ポイントが楽天証券で使えるようになりました。
つまり、納税のために楽天カードからナナコカードにチャージをする。

ナナコチャージをして貯めたポイントで、楽天証券で株を買う。
ナナコで納税して、無料で株をゲットできた訳です。

とっても使い勝手が良いのが楽天カード。
ついにポイントでタダ株ゲット!
キター━━━━(゚∀゚)━━━━!!と思ったのもつかの間。

楽天カードまでナナコポイントが付かなくなるという改悪。
最悪です。

せっかく告白して付き合った女性と初デートで振られるくらいショッキングです。

ナナコチャージで付くポイントは平成29年10月31日利用分で終了となります。
ちなみにナナコチャージでポイントが付くのは楽天カードでもJCBだけですから、visaの人は全く関係ないです。

さて、11月1日からは楽天カードではチャージしてもポイントが付きませんから別の手段を考えねばいけません。
前述した通り、リクルートカードが高還元No1ですが、この楽天の改悪を受けたナナコポイント難民達が一気にリクルートカードやyahooに殺到することが予想されます。

かつてリクルートカードプラスの2%還元が終了するときに見られた現象です。

ということは、今焦ってリクルートカードやyahooカードに駆け込み申込みをしても長くは利用できないのではないか?

だったらいっそのこと、セブンカードもアリではないか?
クレカを作るのも面倒ですからね。

こちらは、還元率0.5%と半分にかならないものの、何せナナコの本家本元が運営しています。
0.5が改悪される可能性は少ないと思われます。

長期的に使える可能性があるカードです。

ナナコのチャージには魅力が無くなってしまった楽天カードですが、まだ活用方法はあります。
それは「ふるさと納税」

ポイントがたくさん付与される返礼品もありますしね。
ふるさと納税の枠は、めいいっぱい使わないと損です。

ふるさと納税→ポイントゲット→楽天証券というルートはまだ生きていますからね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

前の記事

日本橋La paix2017.09

次の記事

FX定点観測2017.10.6