普通は借りられない不動産融資の借入成功

自宅借り換え現在三つの不動産を賃貸して家賃を得ています。
本日四つ目の事業がスタートしました。

と言っても、貸す不動産は自宅です。

正確に言うと、元自宅ですね。

現在の住まいは、自分で経営している会社の社宅扱いにして、賃貸に住んでいます。

実はこの計画、2年前から検討していました。
ただ、自宅を変えるというのは本当に大変なことで、特に学校に行っている子供がいると、その大変さは相当なものです。

我が家の場合、1999年に購入した一戸建てに住んでいました。
この地でずっと仕事をしていくので、会社と自宅が近い所。というのが購入理由。

当時家賃を18万円払っていたことも家を購入する大きな要因でしたね。

さて、自宅を購入した私。その時はサラリーマン。
会社の役員でしたが、ほとんど中間管理職でした。

購入した6年後の2005年。
お世話になった会社を退職し、独立起業しました。
この起業は私の人生において、全く予定外の出来事。

独立起業した理由は老後の不安。

10人規模の会社でしたが、社会保険もなし、退職金もないという会社。

このまま60歳まで勤務しても、その後が見えてきません。
60歳から寝食忘れて仕事するなんて、とてもじゃないけどしたくありません。

やるなら今しかない。
もっと早く気がつけよ。というツッコミもあるかと思いますが、当時の私はそんな自分でした。

そう思い立って2年間。
金を貯めての起業しました。

今の私が、当時の私にアドバイスできるなら「集客できるサイトを作ってから独立しろ!」と言いたいです。

だいぶ話が逸れました。
起業してから10年を超えていますが、当初想定していた事業形態とは全く違う形態になり、自宅に住む理由が無くなってきたのです。

ちょうど二人の子供の進学のタイミングでもあるので、転居をしました。

そんな事情で空いた自宅。
売却してもいいかな。とも考えたのですが、賃貸することにしました。

そこで問題が生じるのですが、「住宅ローン利用中は賃貸してはいけない」というルール。
かなりの人が知らずに、貸してしまっています。
また、賃貸業務をしている不動産会社もそれを知らないことがあります。
しかし、「勝手に賃貸すると住宅ローンの一括返済を要求される可能性が極めて高い」のです。

では、銀行に断っておけば良いのか?というと確かにそうなのですが、承諾を取ることは基本的にできません。
(転勤等、本人の都合でない場合は承諾が取れると思います)

私は不動産事業もやっているので、正々堂々と賃貸したいので、借り換えをしました。
同じ銀行であっても、違う銀行であっても、通常住宅ローンから賃貸用ローンの借り換えはできません。

私は借り換えできましたが。
通常できない、住宅ローンの借り換えができた。
しかも、木造の耐用年数を超えた年数のローン。

なぜできたかというと、手前みそですが「信用」以外の何物でもありません。

特に地場の銀行は、普段の私を見ています。
銀行との付き合いかたも見ています。

大きな都市銀行ではそうはいかないかもしれませんが、地場の銀行は私が経営する法人と私個人で10年以上お付き合いしてきました。

日頃の入手金も知っていますし、私の個人資産の状況もある程度把握されています。
私には、親の資産等は一切ないので、見られているのは会社と個人だけです。

積み立てや倒産防止共済、中小企業退職金などの引き落としは、全部この銀行です。
そういう毎月の積み重ねが評価されたのだと思います。

そうそう、もう一つ。
私、住宅ローンの引き落とし口座に返済金+五万円づつ入金していました。

3ヶ月に一度のペースで繰り上げ返済するために。
3年位やりましたね。
これが結構効きました。
担当者が口にしてましたね。
「計画的に返済していて素晴らしいですね」と。

ビックリしたのは、書類が整う前に融資実行されて、しかも従前の銀行に振り込まれたこと(笑)
銀行に提出する書類自体は確かに揃っていたのですが、登記に必要な書類が全部揃っていない状態での融資は普通あり得ません。

そこまで信用してもらうと恐縮してしまいます。

という訳で、自宅が四件目の賃貸用不動産になります。
こちらの家賃売上げは年間180万円程度を見込んでいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

前の記事

駆け込みふるさと納税

次の記事

西麻布 豪龍久保