歴史ある企業の底力

昨日梨園染戸田屋さんのお招きで
清澄白河の深川江戸資料館に行ってきました。
梨園染戸田商店さんの創業145周年記念イベントです。

起業しても10年生存率が6パーセント程度の世の中。
梨園染戸田屋さんは145周年続く老舗の染物屋さん。
それだけで、すごいの一言です。

お客様の為に技術を磨き、信頼を積み重ねて来た証です。

ご隠居を紹介していただき、ほんの少しお話させていただきましたが、歴史あるところの独特で心地よいオーラを感じました。


人間国宝の染物から、現代のテイストの染物まで、一口に染物といっても時代の移り変わりを感じる作品の数々。

あと10年で無くなる業種という記事をよく目にします。
製造業は特に大量生産コストカットの波にのまれている業界ですが、実はこういったアナログな職人技は希少職種で、今後残って行くのではないかと思えます。

展示されていたのは、手ぬぐいがメインですが、手ぬぐいとして売りに出すより、額に入れてアートとして楽しむのもありではないかと思います。

そんな事を言うと、職人さんに怒られそうですが…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。